ホーム > 白内障手術の費用

白内障手術の費用

白内障手術の費用について

白内障の手術には、健康保険の適用が認められています。
点眼薬や検査も含めたおおよその費用は、以下のようになっております。

・70歳未満の場合
※検査・処置の内容やお薬の種類などで、患者さん毎に金額が変わります。
基本的な試算ですので、実際にかかる費用とは多少異なることをご了承ください。

片目の場合手術料121,000+お薬代など3万円~5万円→50,000円(3割負担)
両目の場合手術料242,000+お薬代など3万円~5万円→90,000円(3割負担)

高額療養費を申請し、『認定証』を提示すると
例:同じ月に両目を手術した場合の試算
・所得区分(ウ)の方
80,100円+(約300,000円-267,000円)×1/100=80430円(限度額)
窓口で支払う金額は80,430円

総医療費 ※所得分(ウ)の方の窓口負担は総医療費の金額で変わってきます。
総医療費は、診察・検査・処置・お薬の内容などにより変動します。

・所得区分(エ)の方
総医療費にかかわらず、一律57,600円(限度額)
窓口で支払う金額は57,600円

・所得区分(オ)の方
総医療費にかかわらず、一律35,400円(限度額)
窓口で支払う金額は35,400円


※認定証をご提示されない場合でも、後日払い戻しを受ける事ができます。
詳しくはご加入の保険証の窓口にお問い合わせください。

・70歳以上の場合
※検査・処置の内容やお薬の種類などで、患者さん毎に金額が変わります。
基本的な試算ですので、実際にかかる費用とは多少異なることをご了承ください。

手術料に診察・検査・処置料を含めた総医療費1割負担2割負担3割負担
片目の場合
約150,000円
約15,000円約30,000円約45,000円
両目の場合
約300,000円
約30,000円約60,000円約90,000円

手術などの高額な診療を受ける場合は、窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。

70歳以上 75歳未満の方:『高齢受給者証』を窓口にご提示ください。
75歳以上の方:『後期高齢者医療費保険証』を窓口にご提示ください。
非課税世帯等の方:『限度額適用認定証』を窓口にご提示ください。
※事前の手続きが必要です。ご加入の保険証の窓口などで交付の申請をしてください。

・現役並み(3割負担)の場合:44,400円(窓口で支払う限度額)
・一般(1割・2割負担)の場合:12,000円(窓口で支払う限度額)
・非課税世帯等(1割・2割負担)の場合:8,000円(窓口で支払う限度額)
※認定証等をご提示されない場合でも、後日払い戻しを受ける事が出来ます。
詳しくはご加入の保険証の窓口にお問い合わせください。

白内障手術技術の費用について

片眼325,000円
両眼650,000円

当院は「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について」先進医療認定を受けています。
よって、手術技術費用以外の手術前検査・診察・手術薬剤料・手術後検査・診察などは保険が適用されます。
※多焦点の先進医療の特約に入っている場合は、患者さんがご契約されている保険会社から医療費の還付がされる場合があります。詳細は、ご契約先の保険会社にお問い合わせください。